プロフィール

美羽

Author:美羽
ラルクをこよなく愛する大学生。
ラルクより一つ年下です。
ヲタ歴は8年とまだまだひよっこですが、全力で愛を注いでますww

基本的にメンバー全員大好きですが、なかでもhydeさん狂愛。
3人には平等に愛を注いでます。
でも最近はちょっとてったん贔屓。

生まれ育った仙台に大いなる愛郷心を抱きながら、富士山麓の小さな街で大学生やってます。

詳しいプロフィール
リアタイブログ Hello,Darling!

コメント・拍手・メールはお気軽に。
管理人泣いて喜びますww

ラル友様随時募集中☆
ブログ読んで気が合いそうだと思った方、ぜひぜひコメント残して下さい♪

-2012-
0114 きんばく@にちぶ
0222 ラルク@横浜
0310 まぐなむ@東京
0401 きんばく@東京
0409 あにす@渋谷
0519 ラルク@大阪
0520 ラルク@大阪
0615 ばんぷす@仙台
0616 ばんぷす@仙台
0617 きんばく@横浜
0719 ばんぷす@東京
0720 ABC@にちぶ
0722 ばんぷす@東京
0916 でっどえんど@渋谷

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから一週間

Category : L'Arc-en-Ciel
魔法にかかったような時間から一週間が過ぎました。
ずっと前のことのように思えるけど、不思議なことに記憶は全く色褪せない。
時間を経るほどに鮮明な記憶として蘇ってくる。
本当に奇跡のような瞬間だったと思う。

ラルクが存在する奇跡
ラルクと出会えた奇跡
ラルクがラルクであり続ける奇跡

そんな数々の奇跡が一つの形を為したのが20th L'Anniversary Liveだった。
そう思えてならない。
あの場にいれたこと、ラルクの4人が奏でる音に触れられたこと、何よりも嬉しく思う。
本当に幸せで、夢のような瞬間だった。

ラルクを好きでよかった。
半年間待ち続けた2日間を終えたとき、最初に頭に浮かんだのがこの気持ちだった。
私たちが愛するバンドは、彼らが奏でる音は、何よりも誇り高く美しい。
それを改めて実感したら、自分がラルクという巨大な船のクルーの一員であることがすごく誇らしく思えた。
2日目のアンコール後にスクリーンに映ったラルクからのメッセージのなかでも特に心に響いた言葉がある。

これからも一緒 Always with you

この言葉を見たときに、これからもずっとラルクを好きでいていいんだって思ってすごく救われた気がした。
これからもずっと、ラルクを信じて着いていく。
ラルクだけを信じて着いていく。
無意識のうちにそう思った。

ラルクに出会ってからずっと、私の一番はラルクだった。
VAMPSも大好きで、他にもたくさん好きなバンドはあるけど、ラルクに関しては好きとか嫌いとかそんな次元の話じゃない。
ラルクが私の核であって、ラルクがなければ、ラルクを好きじゃなければ、自分が自分でなくなる。
いつの間にかそんな存在になっていた。
ラルクに出会えてラルクを好きになれて、本当に幸せだと思う。

ラルクがあるから今の自分がある。
今までの人生を振り返ると、どんなときも必ずラルクの音楽が側にあった。
いつだってラルクの音楽に救われてきた。
きっとこれからもそれは変わらない。
それは確信でもあり、希望でもある。
これからもずっとラルクの音楽と共に生きていきたい。
4人が奏でる音をすぐ側に感じながら生きていきたい。
そしていつか、人生をかけて好きでした、そう言いたいと思う。

半年間待ち続けたL'Anniversary Liveが終わってしまったことは寂しいけど、私たちには次の約束がある。
次の約束があるからこそ、これからも前向きに生きていける。
ラルクが次に見せてくれる夢を信じて前を向いて生きていけばいい。

さあ、次へ。
彼らは必ず素敵な夢を見せてくれるから。
信じて、信じて、前へ。


スポンサーサイト

非公開コメント

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。