プロフィール

美羽

Author:美羽
ラルクをこよなく愛する大学生。
ラルクより一つ年下です。
ヲタ歴は8年とまだまだひよっこですが、全力で愛を注いでますww

基本的にメンバー全員大好きですが、なかでもhydeさん狂愛。
3人には平等に愛を注いでます。
でも最近はちょっとてったん贔屓。

生まれ育った仙台に大いなる愛郷心を抱きながら、富士山麓の小さな街で大学生やってます。

詳しいプロフィール
リアタイブログ Hello,Darling!

コメント・拍手・メールはお気軽に。
管理人泣いて喜びますww

ラル友様随時募集中☆
ブログ読んで気が合いそうだと思った方、ぜひぜひコメント残して下さい♪

-2012-
0114 きんばく@にちぶ
0222 ラルク@横浜
0310 まぐなむ@東京
0401 きんばく@東京
0409 あにす@渋谷
0519 ラルク@大阪
0520 ラルク@大阪
0615 ばんぷす@仙台
0616 ばんぷす@仙台
0617 きんばく@横浜
0719 ばんぷす@東京
0720 ABC@にちぶ
0722 ばんぷす@東京
0916 でっどえんど@渋谷

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真っ白な灰になりました

Category : L'Arc-en-Ciel
ここ数日のラルクさんの動向を知り、灰と化してます美羽です。
美羽は現在山形にて合宿免許の真っ最中。
そのために諦めたドリフェスがまさかあんな豪華版だったなんて……!
ラルクを武道館で見れるのは美味しいけど括りはフェスだし、やるとしてもメジャー曲5曲くらいなんだろうなって思ってたのにまさかのガラス玉!?
しかもhydeさん短髪!?
ガラス玉って……ガラス玉って……!(混乱)

でもどうしてフェスでガラス玉をやることにしたんだろう?
フェスではラルクファンじゃない人でも楽しめるようにメジャー曲を並べるのが常套策だと思うんだけど、あえてガラス玉っていうマニアックな曲をもってきたのはやっぱりラルクファンへのサービスなのかな?
数曲しかやらないかもしれない状況のなかでも高いチケット代を払ってラルクに会いに行ったファンへのご褒美。
hydeさんならやりそうなだあ。
それはすごくよく分かるけど、気分的にはなんだか複雑。
ラルクに興味ない人たちがガラス玉を聴けたっていうのはなんだかなあ……。
それで今まで知らなかったラルクの音楽の魅力に触れてラルクを好きになってくれるなら喜ばしいことだけど、途中で席を立った人も多かったみたいだし……。
ファンじゃない人にしてみれば知らない曲なんだろうけど、最後まできちんと聴いてラルクの別な表情を知って世界観を感じてほしかった。
HONEYだけがラルクじゃないんだよ。
いろんな曲が、いろんな表情が、いろんな世界があるんだよ。
それを全部引っ括めてL'Arc-en-Cielなんだから。
今日、ドリフェスという舞台でガラス玉をやったということを知って、そんなことを考えました。

そして美羽が灰になったのは今日だけじゃない。
福岡でゆっきーが倒れたっていう情報を得て、心配で心配でたまらなかった。
心が潰れちゃうんじゃないかと思うくらい心配だった。
それでもアンコールでは元気な姿と笑顔を見せてくれたって聞いて、本当にほっとして身体中の力が抜けた気がした。
安心すると同時に、自分が知り得ないところで何かが起こることがすごく怖いと思った。
ゆっきーが倒れたらしいっていう話だけを聞いたとき、本当に本当に怖かった。
自分が知らないところで何も感じられない状況のなかでゆっきーがいなくなってしまうように錯覚して、どうしたらいいのか分からないくらい怖くて怖くて。
全てを見届けることはとても無理だけど、それでもラルクの全てを見届けたいと思った。
ラルクが届けてくれる音、言葉、愛。
その全てをこの目で見届けたい。全てを感じたい。
それはとても叶わない願いだけど、今回のゆっきーの話を聞いて心からそう思いました。
そしてその翌日のMC時にファンを安心させるためにゆっきーに話を振ったhydeさんと、心配かけてごめんねっていう想いを込めて投げキスをしてみせてくれたゆっきーの姿を想像するだけで、心がじんわり温かくなる気がする。
なんて素敵な人たちなんだろう。
なんてあったかい人たちなんだろう。
こうして何かある度にラルクを好きでよかったと思わせてくれる彼らだからこそ、人生をかけて着いていこうと思うんだろうなあ。
福岡公演の話を聞いて、ラルクのファンであることをまた誇らしく思いました。

これから大阪までこんな苦しい思いをしなければならないのかと思うとすごく辛いけど、12月にはまた彼らに会える。
そのときにはまた必ずラルクを好きでよかったと思わせてくれるはず。
そんな次の約束があるからこそ、生きていける。
どんなに寂しい思いをしても、きっと彼らはそれを上回るくらいの幸せを与えてくれるから。
だからそれまでいい子にして待ってるよ。
信じて信じて待ってるから、また幸せな夢を見せてね。


前回の記事に拍手ありがとうございました。







スポンサーサイト

非公開コメント

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。