プロフィール

美羽

Author:美羽
ラルクをこよなく愛する大学生。
ラルクより一つ年下です。
ヲタ歴は8年とまだまだひよっこですが、全力で愛を注いでますww

基本的にメンバー全員大好きですが、なかでもhydeさん狂愛。
3人には平等に愛を注いでます。
でも最近はちょっとてったん贔屓。

生まれ育った仙台に大いなる愛郷心を抱きながら、富士山麓の小さな街で大学生やってます。

詳しいプロフィール
リアタイブログ Hello,Darling!

コメント・拍手・メールはお気軽に。
管理人泣いて喜びますww

ラル友様随時募集中☆
ブログ読んで気が合いそうだと思った方、ぜひぜひコメント残して下さい♪

-2012-
0114 きんばく@にちぶ
0222 ラルク@横浜
0310 まぐなむ@東京
0401 きんばく@東京
0409 あにす@渋谷
0519 ラルク@大阪
0520 ラルク@大阪
0615 ばんぷす@仙台
0616 ばんぷす@仙台
0617 きんばく@横浜
0719 ばんぷす@東京
0720 ABC@にちぶ
0722 ばんぷす@東京
0916 でっどえんど@渋谷

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0222 LE-CIEL限定ライブ@横浜アリーナ

Category : report
2012.02.22
LE-CIEL限定ライブ@横浜アリーナ

01.CHASE
02.Caress of Venus
03.the Fourth Avenue Cafe
04.Bye Bye
05.DRINK IT DOWN
06.REVELATION
07.wild flower
08.未来世界
09.X X X
10.DAYBREAK'S BELL
11.MY HEART DRAWS A DREAM
12.SEVENTH HEAVEN
13.Driver's High
14.STAY AWAY
15.READY STEADY GO

EN.
16.あなた
17.SHINE
18.NEXUS 4
19.GOOD LUCK MY WAY
20.BLESS


OP
ステージ中央と両サイドに大きなスクリーン。
近未来的な映像で、宇宙や街中をちょうちょが飛ぶ。
そしてワールドツアーで回る国の地名が映り、ワールドツアーのロゴが映る。
ここでやっぱりワールドの前哨戦なんだなあってちょっとがっかり。
ここでメンバーの名前が順に映ってメンバーコール。
全身ワイヤーに繋がれたhydeさんがスクリーンに映り、だんだんアップに。
そのまま画面を睨みつけながら手を上げ、握りこぶしで殴った瞬間にスクリーンがひび割れ、暗転。
そしてその破片が集まってCHASEのPVの球体に。
ここからCHASEへの流れがかっこよすぎて鳥肌!!!

CHASE
曲中ずっとメンバーは映らず、PVのような映像がスクリーンに。
横に三面に広がるスクリーンに映る映像が大迫力でとにかくかっこいい!
横アリは音漏れしないだけあって、音がすごく良い!
とにかくかっこよかったー!
hydeさんどこかでMステみたいに足上げた?
そしてonigokkoで一つになるルシエル!笑

hyde:白タンク?に黒のシースルーのシャツで、左手だけグローブ。
髪型はいつものドレッドをアップにした感じ?
おでこを出してがっつりメイクで美人!超美人!迫力美人!しかも可愛い。本当に可愛い。
ken:柄シャツにワイン色のジャケット。
  最後までサングラスは爆発しませんでした。
tetsuya:黒シャツに赤白ストライプのジャケット。
    キラキラの黒のパンツを赤茶にイン。
    ふわふわパーマの茶髪になってて、ナチュラルでかっこよかったー!
yukihiro:白地に柄のロンT。
     髪切ったのかな?可愛かった!

Caress of Venus
(∂Д6)<カモンカモン、ルシエール!
カレスオブビーナス~♪で真っ直ぐ前を見つめて、その後に腰に手を当ててくねくねゆらゆらするhydeさんがまぁ!なまめかしくて!
お気に召すがまま~♪の投げちゅーは、掌に乗せたちゅーをフッと吹いて飛ばす感じ。
この日は君が~いないと~う、る~しく~て~♪って言ってました。
絶対う、って言ったよねハイドくん!
ラストは吐息多めに歌ってマイクをベロン。

the Fourth Avenue Cafe
(∂Д6)<カモンカモン!ジャンプジャンプ!
hydeさんがすごく楽しそうに歌ってたのが印象的だった。
まんまるな目をおっきく見開いて楽しそうな笑顔で歌ってるの。
舌を出して手をパタパタさせたり、とにかく楽しそう。
すごく可愛かったし、すごく嬉しかったなあ。
あとだれくらいだろう~♪のところは頬に手を当てて切なげな表情を浮かべるhydeさん。
ラストは溜め息は…こぼれ…た……はあぁぁ…みたいな感じ?
溜めすぎて溜め息をつくタイミングが分からなくなったみたいで、hydeさんも笑ってた。

MC
h:『ヘイヘイヘイヘイ!』
『ルシエルの皆さん、ようこそいらっしゃいました』
『L'Arc-en-Cielでーす』
『L'Arc-en-Cielです』
『いや、えーっと、今日はルシエルオンリーなんですよね?』
『ほんま?ほんまなん?』
『みんな、みんなルシエルなんでしょ?』
『ルシエルじゃない人は入ったらアカンって知ってるでしょ?』
『てことはみんなルシエルなんだよね?』
『もしこん中にルシエルじゃない人いたら…』
『ありえない、ありえない、ありえない』
『おったら、お仕置きせなアカン』
『性的暴行』
『いや、あの、ごめんなさい』
『靴のにおい嗅いだり?』
『僕においフェチなんですけどね、におい嗅がれるのって嫌でしょ?』
『ふはっ、今嗅いでっつった?(笑)』
『いいの?靴のにおいやで?』
『いいかルシエル!』
『今日はちょっと、あのー、君と僕との仲なんで、アットホームにやらせてもらおうかなと』
『アットホームにやろうとリーダーが言ってたんで、やらせてもらおうかなと思うんですけど』
『横浜って聞くと、横浜って聞くと……』
(なーにー?)
『横浜って聞くとね……』
『よこっはま♪たそっがれ~♪』
『って絶対なるんですよ』
『でもそこしか知らなくて、その曲』
『それでさっきYouTubeで聴いてしまったんだけどサビが!』
『あっの~ひと~は行ってしまった~♪』
『そことそこが繋がってるって知らなかったんでね、ちょっと今日は既にいい発見をしました』
『五木ひろしさんでした』
『よし!(笑)』
『今日はアルバムが出て最初のっていうかね、今年最初の……』
(買ったよー!)
『当たり前よ』
『悪ぃけど、当たり前よ』
『当然みんな買ってるやろ?』
『まさかレンタルのやつなんておらんやろ?』
『ふふっ、案外おるやろ(笑)』
『今日はバタフライから結構やろうと思うんでね』
『俗に言う宇宙で一番目に聴けるってやつやね』
『大丈夫?』
『いけんのかルシエルー!』
『じゃあいきなりで悪いけどbye byeっていう曲を』

Bye Bye
やっと聴けた……!!!
もうずっと聴きたくて聴きたくて仕方なかった曲。
やっぱり優しくてあたたかくて、でも切なくて、素敵な曲。
ラストはhydeさんがちいさくバイバイしてました。
可愛かったなあ。

DRINK IT DOWN
赤い照明がかっこいい!
この曲はやっぱり照明萌えする曲。
入りの炎の映像がすごくかっこよかった!
この曲のてっちゃんのコーラスがすごく好きなんだけど、スクリーンにたくさん抜かれてて嬉しかった!
苦しげに歌うところがなんとも……!

REVELATION
今日は定番曲祭りなんだなあってがっかりしたけど、やっぱりレベレは楽しい!
煽るてっちゃんがかっこいい!
台に片脚を乗せて客席を眺めてるのもかっこよくてねぇ……
いつもレベレではてったんばっかり見てる気がする。

wild flower
スクリーン一面が星空になって、ドラム台に全員が並んで演奏。
アルバムの中で一番好きな曲で、どうしても聴きたかった曲。
初めはhydeさんだけにスポットが当たって、深く広がるような歌声が響く。
ダカダカダカッで全員にスポットが当たって、サビで青い照明がメンバーを照らして、メンバーが宇宙に浮かぶようにスクリーンに映る瞬間がすごくすごくかっこよくて鳥肌が立った。
hydeさんの伸びる歌声とコーラスが綺麗に重なって本当に素敵で涙が止まらなかった。
この曲を聴けただけで、この日に行けてよかったと思う。

MC
h:『今日も夜空が綺麗ですね』
『あーそや、ルシエルってある?会報ってある?』
『あの、僕はね、小さい頃仮面ライダーになりたかったんですよ』
『もう遅いな……』
『なりたかったんですよね、本郷猛とか…あ、分からんか(笑)』
『今どきはかっこええお兄さんがやってはるけど、着ぐるみの中に入りたくて……』
『今はあんまり嬉しないけどな、できるって言われても』
『小さい頃はなりたかったなーって』
『てっちゃんは何になりたかった?』
t:『ちっちゃいとき?なんやろ?』
(バナナーー!!!)
『なんて?バナナ?』
『バナナは持ってんで?』
『男の子はみんな持ってます』
『立派なバナナ!』
『でもね、俺結構ちっちゃいときからね…』
『あ、やっぱやめとこかな(笑)』
『トイレ行くときとか、お!って二度見されんねん』
『ちょっとそれを聞いて俺のこと好きになった?』
『それか!それが目当てか!』
『怖っ!』
h:『結局てっちゃんは何になりたかったん?(笑)』
『けんさんは何になりたかったの?』
k:『僕はですね、小学校のときに教科書がどんどん漢字が増えていき、どんどん分厚くなっていき、どんどん教科も増えていき……』
『中学生とか高校生はテストのときとか勉強しながら歩いてるのを見て、小学生のままでいたいなと思いました』
『ずっとそう思ってたんだけど、でもバナナも大きくなっちゃって…』
『あとね、今も色黒だけど、めちゃめちゃ色黒で!』
『海とかで記念写真撮ると俺だけ逆光みたいで、子供心にこれは黒すぎだろうと!』
『日焼けを気にする小学生でしたね』
『色白になりたかった』
『両方叶わなかったですね』
h:『え?結局小学生になりたかったの?』
『色白の小学生ってこと?』
『ゆきひろさんは……』
(ゆっきーがドラムをドコドコする)
(ゆっきいいいいいい!!!!)
『すいません、しょうもないこと聞いて』
『ゆきひろさんは何になりたかったっすか?』
(hydeさんがゆっきーにマイクを渡す)
y:『僕はあの、ガンダムに…』
『ガンダムのパイロットになってニュータイプに乗って先を見越せる人間になりたかったです』
『そんな感じ』
h:『ガンダムって……(笑)』
『ほんまになりたかった訳じゃないでしょ?』
『無理やって分かってたでしょ?』
『そんな笑顔で言われてもね(笑)』
『ゆっきーって寝るとき未だに想像するんでしょ(笑)』
『なんか言うてたよね(爆笑)』
『寝れへんときに…(爆笑)寝れへんときに……(爆笑)』
『寝れへんときにすごいロボットを操縦してるのを想像したら気がついたら寝てるって(爆笑)』
『何それ…何それ!』
『めっちゃ純真やん!』
『俺も試してみたけどダメやった!(笑)』
k:『(ドラムを指さして)これガンダムなん?』
h:『最近ドラム黒くなってきてるんでね』
『気づいてた?』
『でもガンダムにはならんからね(笑)』
(ゆっきーが超笑顔でうなづく)
『そんな感じでじゃあ、未来世界』

みんながニコニコしてて本当に楽しそうに喋ってて、すごくすごく幸せだった。
ゆっきーと話したhydeさんがすごく嬉しそうだったり、けんちゃんが話してるのをてっちゃんが楽しそうに見てたり。
アットホームであったかい空気が素敵だったなあ。
仲良し4人組を見てるとすーごく微笑ましくて、こっちまであったかい気持ちになった。

未来世界
黒シャツでふわふわパーマでアップライトベースを弾くてっちゃんがいけめんでいけめんで……!
ちょっとたどたどしくアップライトベース弾くのも可愛い!
そしてバックのスクリーンには一面の星空におもちゃが浮かぶ。
優しく透き通るhydeさんの歌声が響いて、すごく素敵だった。
最後のgood nightがすーごく優しくてよかったなあ。

XXX
暗転した状態で、曲の入りでバーン!とスクリーンにお姉さんが映ったのがかっこよかった。
やっぱりXXXは子宮に響いて気持ちいい!
ものすごくライブ映えする曲だと思う。
紫の照明の中で最後のキスなのね♪で真っ直ぐ前を見つめるhydeさんがとにかくセクシーでドキドキした。

DAYBREAK'S BELL
炎の特効がかっこいい。
イントロでhydeさんがターン。
スクリーンには廃墟や荒野が映る。
そして歌詞の間違い方が酷い!笑
(∂д6)<無数の波を越え明日へ立ち向かう貴方を 守りたまえ My wishes over their airspace.
(∂д6)<無数の波を越え明日へ立ち向かう貴方を 守りたまえ My life I trade in for your pain.
無数の波を2回越えてらっしゃいましたwww

MY HEART DRAWS A DREAM
ギターソロの間は雲がかかる夜空や月の映像。
曲が始まった途端、明るい空と草原の映像になったのが感動的だった。
曲中は草原や砂漠など、空を飛びながらいろいろなところを眺めているように見える映像が流れていて、こうやってラルクと共にいろんなことを越えてきたんだよなあって感慨深くなって泣けた。
合唱してるときのhydeさんの優しくて慈愛に満ちた表情がすごくすごく好き。
最後はhydeさんのチュッで。

MC
k:『いよっ!』
『あー、ルシエル?』
『初めて覚えたフランス語です』
『違う!L'Arc-en-Cielや!』
『みんな読んでんの?ルシエル。』
『読んでる?どこから読むの?』
『え?Q&A?』
『笑えるコーナーね、意外とためになるよ』
『あのね、多分ね、ルシエルを読むときはね、みんなとね、僕同じ気分なんですよ』
『普段いろいろ聞くけどあんまり細かいことは聞かへんやん』
『普段何やってんのかなーって』
『まずは、ハイド日記?』
『はー!こんなことしてはんのかhydeさん!』
『はー!よう覚えてはんなあって』
『どうなん?人の日記を見るってどうなん?』
『もうちょっと突っ込んだこと書いてって思わん?』
『もうちょっとこう…ご飯の趣味とか好きな色とか』
『知りたい?』
『好きな色何色?』
『昔の雑誌とかで好きな色とか聞かれなかった?』
h:『あー、あったねー』
k:『今は何色が好きなん?』
h:『今はねぇ、茶色?』
k:『hydeさんは茶色が好き、と』
『茶色のものってあれしかないやん』
『その頃ね、雑誌でねぇ、メンバーが好きな色とか書いてるじゃない?』
『で、しくじった!と思うの』
『他の人の方がかっこよく見えんねん!』
『紫とか言っちゃって、無理してねーか俺!みたいな』
『でも紫って黄色よりかっこいい気がしたのよ』
『黄色よりかっこいい気がするんだけどどうなん?』
h:『どうでもいい(笑)』
k:『そんな感じでハイドズダイアリー…ハイドーズ?ハイズ?ん?』
『まぁそれを読んでね、hydeの動向を追ってます』
『でも更に読まなきゃいけない本までhyde出して……』
『Twitterとかでもあれ読んだー?って聞かれるんだけど、あんなのおっかなくて読めません!』
『おっかなくて読めません!』
『そうやってルシエルを読み続けてるとですね』
『ゆっきーはよくエヴァンゲリオンとお戯れに……』
『小さい頃ゆっきーはエヴァンゲリオンになりたかったのかと思ったんやけどその頃はなかったからね』
『今はエヴァンゲリオンになりたい、と』
『ガンダムよりエヴァンゲリオンになりたい、と』
『好きな色は?』
y:『あ・お(口パクで)』
k:『青?エヴァンゲリオン紫なのに?』
『ルシエルは追いきれてませんね(笑)』
『そしてリーダーはなんだか賢そうな人とね、いいこと言ってますけど』
『めったに会えない人に会うの?あれは』
『なんかいい感じよね』
t:『好きな色?』
k:『早い!』
『好きな色何?』
t:『五月みどり!』
k:『あれ?五月みどりの妹って名前何やったっけ?』
『なんとかみどり?』
『え?何?え?』
(こまつーーーーー!!!)
t:『あ!小松!』
k:『ああ!小松みどりや!』
『五月みどりの妹が小松みどりって聞いたときに、なんで名前一緒にしたんやろうなって』
『そんな感じでね、ルシエルでメンバーの動向を日々追ってる僕なんですけど』
t:『ちょ!五月みどりから繋げて!俺まだ色言ってへんし!』
『五月みどりのシャツ黄緑!』
『五月みどりの、シャツ黄緑!シャツ黄緑!』
k:『え?どういう意味?』
『逆から読むと一緒なん?』
t:『五月みどりの、シャツ、黄緑!シャツ黄緑!五月みどりのシャツ、黄緑!』
k:『ああ!シャツ黄緑!』
『みんなも黄緑いっぱい持っとんなー!』
『シャツー?』
(きみどりー!!!)
『小松ー?』
(みどりー!!!)
『シャツー?』
(きみどりー!!!)
『セブンスー?』
(ヘブーン!!!)

笑いっぱなしだったけんちゃんのMC。
まさか小松みどりさんもこんな大勢に名前を叫ばれる日がくるとは思わなかっただろう。
そしてダジャレを頑張って説明するリーダーが可愛くて可愛くて!
ギャグを説明するのってとにかく恥ずかしいのよね。

SEVENTH HEAVEN
まさか五月みどりからセブヘブにもっていくとは……
やはりけんちゃんは天才です。
hydeさんも爆笑してて、イントロで首かしげながらYeah~♪とか言ってました。
銀テープの特効がパーン!
センターほぼ最後方だったので、もちろん届かず。
大阪では前過ぎて銀テが通過したし、つくづく銀テ運がない私です。

Driver's High
けんちゃんがすーごく楽しそうだった。
ガニ股も全開でとにかく気持ちよさそうに弾いてたなあ。
ラストでhydeさんが舌ぺろってして小首傾げたのが可愛過ぎてもう…!!!

STAY AWAY
いつも通りバナナでベースプレイから。
最近はいつもこれだけど、曲の入りでゆっきーと目を合わせて頷いて合図を出す瞬間がすごく好き。
けん様は相変わらず絶好調で、どこかで派手に脚を上げてたような……

READY STEADY GO
(∂Д6)<あーゆーふぁっきゅんれでぃー!!!!
やっぱりライブのレディステは最高に楽しい!
分かりやすくテンション上がるもんねー。
hydeさんもステージ中を駆け回ったりじたばたしたりくるくる回ったりすごく楽しそう。
そして舞う七色のちょうちょがすごく綺麗!
最後はゆっきーのドラムソロ。
ツアーとは違ったよね?
めちゃくちゃかっこよかった!!!

EN
あなた
オケだけ流れて、観客が合唱したところにhydeさんが眠れ~なくて~♪って入る流れ。
サビもいつも通り合唱だったけど、やっぱりあなたの合唱はすごく綺麗。
メンバーみんながすごく優しい表情で、イヤモニを外したりしながら私たちの声を聞いてくれてるのが本当に嬉しくて嬉しくて。
何回聴いても感動して泣ける曲。
この曲を、このあたたかくて美しい空気をルシエルのみんなと共有できて本当によかった。

SHINE
大好きなSHINE!やっと聴けた!
バックで白い背景に小さな光が上っていく映像が印象的だった。
淡い花火のような光が魔法のよう色褪せない唯一の輝き♪に合わせて立ち上るのがすごく綺麗。
本当に優しくて切なくて綺麗な曲。
聴けてよかったなあ。

NEXUS4
この曲はライブで聴くと本当にかっこいいんだよね。
すーごくライブ映えする曲。
4分割でメンバーを映すスクリーンに泣いた。

MC
t:『こんばんはー!(囁き)』
(こんばんはー!)
『みんな元気ー?(囁き)』
『俺病気ー(囁き)』
『ちょっとねー、体調悪いんですよ』
『多分ね、姪っ子に風邪移されてん』
『一緒に買い物行ったんやけど、手繋いであげるやん』
『咳した手をこうやって繋ぐから移ったんかなあ』
『やから声出えへんねん(囁き)』
『聞こえるー?(大声)』
『姪っ子とね、二人で買い物に行ったんですよ』
『買い物行く?って言うとうん!って言うんやけど……』
『じゃあデートしようか!って聞くといや!って言うねん』
『なんで?なんで?』
『まだ小学1年生やのにいやって言われて……』
『せや!将来何になりたいって聞いたら忍者って(笑)』
『忍者やで?女の子が!』
『そんな感じでね、えー、何喋ろう』
『何聞きたいのー?』
『あ、なんもないか』
『もう十分喋ったしなあ(笑)』
『あ、グッズ!みんな見た?メンバーのやつ』
『みんなよう考えんな』
『けんちゃんの…けんちゃんのあれは…』
『絵で見たときはもっとちっちゃいのを想像してたんやけどこんなにでっかいとは(笑)』
『あれでかない?』
k:『最初はちっちゃいのをプレゼンされたんやけどなんか悔しいねん!』
『でっかいの1つかちっちゃいのいっぱいかって言われて……』
『やっぱりでっかいのがいいからでっかいのにさせてもろていいかなあって』
t:『想像以上やったねあれは』
『こんなにでかいん!?って』
k:『重いねん!』
『ちょっとね、でかすぎやねあれは(笑)』
t:『みんなどっちがいいん?』
(おっきいのー!!!)
『え?何?』
(おっきいのー!!!)
『何言うてんねんもう!怖っ!』
『hydeさんから真面目なMCしてくれって言われてるんやけど……』
『最終的にはなんでもいいん?』
『よっこはめ~♪違うか』
h:『最初から真面目なとこいっこもないやん』
『好きにして下さい』
t:『好きにしてってhydeさんに言われたらドキっとすんなあ』
『ドキがムネムネ?』
『いやぁ、何喋ろうかなあ』
『もういいか?』
『今日はルシエル会員オンリーということでちょっとアットホームな感じでね』
『わっしょいー!!!』
(わっしょいー!!!)
『ごぞーんじ?』
(ご存知ー!!!)
『せや、ボビー・オロゴンのCHASEがYouTubeにあんの聞いた?』
『ボビーがカラオケでCHASE歌ってるんやけど、すっごい音痴でいっこも合ってないねん!』
『そんな感じで明日もあるのでみなさん』
『そろそろ曲にいこうかな』
『続き聴きたいのー?』
『いくでー!いくでいくでいくでー!』
『グッドラックマイウェイ!』

GOOD LUCK MY WAY
けん様のガニ股が炸裂。
今季一番の開き具合を記録したんじゃないだろうか。
hydeさんはステージ中走り回って楽しそう!
てっちゃんの横揺れはなかったなあ。残念。
hydeさんはサビのグッドラックマイウェイ~♪で敬礼ポーズ。

MC
h:『はぁっ…はぁ…はぁっ…』
『いやぁ、疲れるんすよねこの曲ね…』
『はぁ…うん…はぁ……』
『あの、いつもありがとうございます』
『今年も始まったばっかりで……そうでもないか』
『ライブはね、今年初めてなんですけどね』
『結構えらいことになってますけど……』
『今日は最初の割にはみんなのおかげで』
『楽しくやらせてもろうたな、と』
『ルシエルって何年なん?』
t:『17、8年?』
h:『最初からいる人とかいるん?』
『あぁ、いる』
『最近の人もいる?いるよね?』
『どちらもありがたいですね』
『今年は20周年…まだ今年も言ってますけど(笑)』
『20周年イヤーは5月まで続きますからね』
『20年っていったら子供が大人になって大人がおっさんになっておっさんがおじいちゃんになる年ですよ』
(hydeはー?)
『僕はあの、年とらないんで』
『メイド喫茶的に永遠の17歳っていうんですか?』
『いたっ……』
(かわいいー!!!)
『よく言われるんですよ』
『みんなも可愛いよ?』
『僕はね、年上の人も可愛いと思うんでね』
『ほんとはちゅーしてあげたいけど全員とはできないんでね』
『気持ちでね、気持ちで(投げちゅー)』
『20年も経つと守りに入ってもいいと思うんですけどワールドツアーとか訳分からんこと言うてるし』
『20年目にして大きなツアーでスタッフも大変や思いますけど』
『それを成し遂げて帰ってきたいと思ってます』
『20年僕らを見てくれた君たちがほら、ラルクかっけーだろって言ってもらえるようになりたいと思って』
『一回り大きくなって帰ってくるので楽しみに待ってて下さい』
『今日はほんまに来てくれてありがとう』
『最後にBLESS、聴いて下さい』

20年僕らを見てくれた君たちがって言葉がすごく嬉しくて泣きそうになった。
hydeさんの言葉はこうしていつだって希望を与えてくれる。
一回り大きくなって帰ってくるって言葉を聞いて、彼らのファンであることを誇らしく思った。
こんなにかっこいいんだもん。
大好き。大好き。

BLESS
バックにはまた一面の星空。
hydeさんが丁寧に歌い上げるなか、メンバーのシルエットが宇宙に浮かんでるような映像。
そこでたくさんの羽が舞う。
羽に光が反射してキラキラ輝いて、その中でhydeさんが歌うとっても幻想的な光景。
客席を見れば色とりどりのサイリュームが揺れていて本当に綺麗な光景。
すごくすごく素敵でした。

メンバーがはけた後にてっちゃんがバナナを投げて、最後はちゅーしてぽーん。
『ありがとー!まったねー!』



この日のライブについていろいろと思うことはあるけれど、やっぱりラルクのファンでよかったと心から思った。
すごく幸せであったかい気持ちになって、最高に楽しかった!
この日に参戦できて本当によかったと思う。
L'Arc-en-Cielが世界を回ってどんなに大きく、かっこよくなって帰ってくるのかすごく楽しみになるライブでした。
これからもずっと見てるよ。
ずっとずっと着いていくよ。
だからこれからも素敵な世界を、幸せな夢を見せてね。

いってらっしゃい!

長々と読んで下さってありがとうございました!
お疲れ様でした!

スポンサーサイト

非公開コメント

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。