プロフィール

美羽

Author:美羽
ラルクをこよなく愛する大学生。
ラルクより一つ年下です。
ヲタ歴は8年とまだまだひよっこですが、全力で愛を注いでますww

基本的にメンバー全員大好きですが、なかでもhydeさん狂愛。
3人には平等に愛を注いでます。
でも最近はちょっとてったん贔屓。

生まれ育った仙台に大いなる愛郷心を抱きながら、富士山麓の小さな街で大学生やってます。

詳しいプロフィール
リアタイブログ Hello,Darling!

コメント・拍手・メールはお気軽に。
管理人泣いて喜びますww

ラル友様随時募集中☆
ブログ読んで気が合いそうだと思った方、ぜひぜひコメント残して下さい♪

-2012-
0114 きんばく@にちぶ
0222 ラルク@横浜
0310 まぐなむ@東京
0401 きんばく@東京
0409 あにす@渋谷
0519 ラルク@大阪
0520 ラルク@大阪
0615 ばんぷす@仙台
0616 ばんぷす@仙台
0617 きんばく@横浜
0719 ばんぷす@東京
0720 ABC@にちぶ
0722 ばんぷす@東京
0916 でっどえんど@渋谷

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0527 L'Arc~en~Ciel WORLD TOUR FINAL@国立競技場

Category : report
2012.05.27
L'Arc〜en〜Ciel WORLD TOUR
国立競技場

01. READY STEADY GO
02. GOOD LUCK MY WAY
03. REVELATION
04. HONEY
05. flower
06. In the Air
07. 夏の憂鬱 [time to say good-bye]
08. MY HEART DRAWS A DREAM
09. Driver's High
10. the Fourth Avenue Cafe
11. SEVENTH HEAVEN
12. C'est La Vie
13. いばらの涙
14. Shout at the Devil
15. あなた
16. winter fall
17. NEO UNIVERSE
18. CHASE
19. X X X
20. Link
21. 虹

OP
オープニングは前日と同じ映像からのパレード。
この日はヘリは飛んでなかったかな?
フロートの前の椅子にけんちゃんとゆっきー、後ろにてっちゃんとhydeさん。
前日とは二人の座る位置が逆になってた。
サブステ前まで行くとスクリーンに聖火点灯の文字が。
この日も派手に点火してました。

衣装
hyde→白に大きめの模様のタンクトップ、黒のロングベストにロングジャケット。
ボトムはだるだるな黒のパンツ。
オープニング時は女優帽とレース手袋装備のただの美女仕様。
ken→光沢のあるシャツに茶色のベスト?にワインカラーのジャケット。
ボトムはベージュに模様の入った派手なパンツ。
tetsuya→パチンコ玉集合体サングラス。
それ以上のことが記憶に残っておりません!
ピンクと水色のチェックのジャケットだったかな?
yukihiro→黒のカットソーに赤のパーカー(フードつき!)
ボトムは見えなかったけどいつもと同じ感じ?

READY STEADY GO
(*∂∀6)<あーゆーれでぃー!あーゆーふぁっきゅんれでぃー!
ここで派手に花火がばーん!
hydeさんがすごく気合入っていて、最初から煽る煽る。
この日はメンバーも観客もここからエンジン全開!

GOOD LUCK MY WAY
前日は雲がかかっていたけど、この日は雲一つない晴天!
その中で聴くグラマイは本当に気持ちよかった。
晴れ渡る青空が眩しい~♪追い風に煽られ~♪も歌詞の通りの景色。
競技場の形状的に何も遮るものなく空がまぁるく見えて、空に浮かんでるかのような気分だった。
hydeさんの歌声が晴れ渡る空に広がっていく感じが本当に気持ちよかった。

REVALATION
(*∂∀6)<一緒にいこうぜ国立―!
(*∂∀6)<やれんのかーーーー!!!!
(*∂∀6)<全部出してってくれよ!
(*∂∀6)<叫んでくれー!
(*∂∀6)<叫べーーーーー!!!!

左右の花道に黒い服を着て真っ赤なフラッグを持ったパフォーマーさんたちが登場。
スクリーンに映る角の生えた骸骨的なやつが蠢く映像とこの真っ赤な旗がすごくかっこよかった。
てっちゃんの煽り方がかっこよくて!
アリーナはすごい盛り上がり方だったなー。

HONEY
hydeさんがギターを持ってここでHONEY。
序盤でてっちゃんとhydeさんがしばらく向かい合って演奏するシーンがあって、久しぶりに見る光景に感動!
最近やってなかったよね?
スクリーンにはワールドツアーではお決まりだった黄色い蝶の映像。
ラストは3人がゆっきーを見ながらタイミングを合わせて終了。
hydeさんがそのタイミングでマイクをくるん。

flower
今ツアー初披露かな?
なんだか久しぶりのflower。
イントロでものすごい歓声が上がってました。
like flower↓like flower↓like flower↑(通常営業)でした。
これで分かるかな?
この日もハーモニカはちゃんと2本プレゼント。

MC
h:『国立……』
『ただいま』
『ただいま!』
『来ちゃった…』
『とうとう今日っていう日が来ちゃった』
『今日は最後の最後なんで思いっきりいっちゃって』
『明日来てもいてないで?』
『大丈夫?』
『今日は全部出して下さい』
『出せる?』
『出せーんのー?』
『今日は祭りやから!』
『最後にパーッといこうぜ!』
『国立―!!』
『こ!く!』
(り!つー!)
『こ!く!』
(り!つー!)
『こくこく!!!』
(りつりつー!!)
『息が合ってるよね』
『あってる?』
『こくこく!』
(りつりつー!!)
『ちょっと今日ゆるめでも大丈夫?』
『祭りなんで』
『今日はほんまに気持ちよく晴れてくれたわ』
『こういう青い空のときにやりたかったんですよ』
『なに?』
(けんちゃんが口パクであお〇ん?って言ってた)
『いらんこと言わないの(笑)』
『こういう青空の下でね』
(けんちゃん再びあ〇かん?)
『だから違うって(笑)』
『もう、リーダーお願いします』

In the Air
気持ちいい風がふわっと抜ける中でIn the Air。
前日に続き、青空の下で聴くこの曲は本当に気持ちいい。
hydeさんもすごく気持ちよさそうに歌ってたなあ。
てっちゃんのイントロとアウトロのベースがこの日は特に響いてた気がする。
客席がスクリーンに映ると、シートにかかってる虹色の布と空が繋がって見えて、青空に虹がかかってるように見えた。

夏の憂鬱
スクリーンには夕焼けの海が映る。
実際にちょうど日が暮れる時間で、スクリーンの向こうの空も淡いオレンジ色に。
この曲のラストにかけての盛り上がりは圧倒的で、特にけんちゃんのギターがすごい。
ずっとその音に身を任せていたくなる。
ラストの夏の~ゆう~うつ~♪のhydeさんの声が夕焼けの空に溶けて消えていくようですごく素敵だった。

MY HEAET DRAWS A DREAM
この日も映像はけんちゃんの奏でる音に合わせて花が開いていく映像。
イントロのちゃらーらーらーらーの1回目は煙草を銜えて後ろを向いて音を確かめるように、2回目は下手側を向いて軽く手を挙げて、3回目は上手側に笑顔を向けて弾いてたのが素敵だった。
この日の夢を描くーよー♪はすごく大きく聞こえた!すごい一体感!
この合唱のときにスクリーンに満員の客席が映るのが感動!
その前でhydeさんが愛しそうな表情で客席を眺めてる光景に涙腺崩壊。
こうやってみんなで夢を描くのもしばらくお預けかあ…。

Driver’s High
エンジン音がかかって、その後にイントロに合わせて花火!
この花火がリズムにぴたっと合っててかっこよかったー!
曲の途中で派手に上がる火柱もすごい迫力!
Flash!Clash!叫んで飛んで、この日のアリーナは相当なテンションだったと思う。
本当に楽しかったー!
ラストでけんちゃんとhydeさんがゆっきーの方を見てタイミングを合わせて、それに気づいたてっちゃんが下手側から中央に走ってくる。
けんちゃんとてっちゃんがニコニコしながらゆっきーのドラムに合わせてタイミングを計ってる間、ドラム台に脚組んで腰かけて頬杖をつくhydeさん。
最後のじゃーん!まで頬杖ついたままゆらゆらしてるのが可愛かったー!

the Forth Avenue Cafe
(*∂∀6)<飛んで飛んでー!
(*∂∀6)<ジャンプジャーンプ!
イントロから何も言われずとも自然発生的に手拍子をするラルヲタはさすが調教されてるな、と。
下手に行くときに、下手側で踊ってるチアの皆さんにぴょこぴょことお辞儀しながら歩くhydeさんが可愛かったー!
あとどれくらいだろう~♪で下手の端の柵に寄りかかって歌う姿が妙に女性的だった。
ラストはいつものようにわざとらしいため息で。
これが可愛いんだよねー。

MC
セブヘブイントロループでけんちゃんのMC。
けんちゃんマイクの周りにチアの皆さんが集まってポンポンをしゃらしゃら。
そして中央からけんちゃんがぴょーんと登場。
k:『ずいぶんギターを弾きました!』
『みんなもずいぶん曲を聴きましたね』
『そろそろ踊りたいんじゃないかな~?』
『踊れるのー?』
『踊れるのか国立―!!!』
『踊っちゃうよー!』
『プラネッツの皆さん、どうぞー!』
1回引っ込んだと思ったらけんちゃんは両手に金のポンポンを持って登場。
お前が踊るのか!笑
最初はちょっともたついたけど、その後はチアの皆さんと一緒に片手を突き上げたり腕を水平に動かしたり、完璧!
ちゃんと練習したんだろうなあ。
ノリノリで楽しそうに踊るけんちゃんがただただ愛しい!
しばらくの間ダンスを披露した後ギターを持ってMCに戻る。
k:『疲れた……』
『俺はこれからギター弾くけど』
『国立は踊っててほしいな~』
『踊れるのか!!』
『踊ってないやん(笑)』
『そうそう!』
『踊れるのか国立―!』
『全部出せるのか国立―!』
『いくよ!いくよ!』
『セブンスへブーン!!!』

SEVENTH HEAVEN
銀テぱーん!で始まったセブヘブ。
けん様は宣言通り曲中も踊ってらっしゃる。
後ろを向いて腰を振ったり高く脚を上げたり。
その脚の長いこと長いこと!びっくりした!
けんちゃんをはじめメンバーみんな終始楽しそうだったし、この日のセブヘブは本当に楽しかった!

C'est La Vie
てっちゃんのベースソロもといバナナタイムから。
バナナで目隠しするtetsuya氏。
ここでてっちゃんの前髪ぱっつんじゃん!と気づく。(遅)
その後はバナナを半分くらい剥いて、ムキンポ君シールをカメラに向けてから客席にぽーん。
ゆっきーと目を合わせてうんうん頷いて、うぃせらび!
んもうただただ可愛い!
うぃせらびはみんな可愛い!!!
客席と一緒に左右に楽しそうに揺れるhydeさんがもう愛しくて仕方ない。
最後の手拍子のところで一緒に小さく手拍子するのもまた可愛くて可愛くて…!!!
あぁ、なんて可愛い生き物なんだろう(真剣)

いばらの涙
ほんわかした空気から一転、hydeさんの表情の変化につられるように会場全体の雰囲気がガラっと変わる。
ステージには小さな炎が小さく灯り、キーボードソロから始まるいばら。
暗くなった空に真っ赤な照明と逆巻く炎の映像が映える。
サビの盛り上がりは圧倒されるしかなくて、曲と自分だけが存在するような感覚。
逆巻く炎をバックに凄味のある歌声を夕闇の空に響かせるhydeさんに魅入られて、息を呑むことしかできない。
1曲目のいばら始まりもよかったけど、中盤で集中力が高まっているときに演奏されるこの曲は本当にただただ圧倒的。

Shout at the Devil
いばらから一瞬間があって、Shoutへ。
この一瞬の間にぴんと張られたメンバーの集中力が見えたような気がして、時間が止まったかのような感覚だった。
本当に一瞬だったのだけど。
1,2,3 GO!からイントロに合わせて火柱が上がる上がる。
燃え盛る炎につられるようにメンバーも客席もテンションは最高潮で、一瞬たりともステージから目が離せなかった。
ラストは長めのドラムソロで終了。

アンコール待ちの後にあなたのオケが流れて、会場中が合唱。
空を見上げれば三日月が輝き、広がる光の海にあなたの合唱が響く。
そして青く浮かび上がるステージ。
すごく、幻想的な景色だった。

あなた
会場のコーラスを引き継ぐ形で曲に入る。
光の海に浮かぶように見えるステージで、何かを慈しむような優しく穏やかで深く深く歌い上げるhydeさんがとても美しくて。
hydeさんの歌声がどこまでも広がってそのまま夜空に吸い込まれるような感覚。
この時間がずっとずっと続けばいいのに、と心から思った。
そしててっちゃんがメインステージの上の方、ずっと遠くを見つめながら演奏してて。
誰かに想いを馳せているように見えて、届くといいな、と無意識のうちに思った。

h:『ちょー綺麗なんですけど』
『綺麗よ?』
『あんたたち、綺麗やで?』
『もう1曲やっていい?』

winter fall
予想外のウィンフォ!
メンバー3人がステージを回りながら演奏。
ラニバの派手なミスがあるからこの美しい空気の中で歌詞を間違えないかものすごく心配だったけど、この日は大丈夫でした。多分(笑)

メンバーはサブステージを下りて移動。
下りる前にhydeさんがピックを投げてた。
ここでメンバーの移動を待ってる間に客席を眺めていたら、スタンドの方に緑のレーザーで光の道が出来ててすごく綺麗だった。
その先には聖火が煌々と燃えてるの。
前を見れば光の海の先に光輝くステージがあって、その正面には聖火の炎。
その景色になんだか妙に感動して胸がいっぱいになった。

NEO UNIVERSE
この日も相変わらずステージ上部にはカオTUFOがぐるぐるしてたから、いかにそこから意識を逸らすかが勝負(笑)
曲のどこかでスポットを浴びるhydeさんがすっと1本指を挙げて、それにつられるように
空を見上げたら雲に隠れてしまっていた三日月がまた輝いていて。
月が輝く夜空にhydeさんの歌声が高く遠く広がるようなネオユニは本当に気持ちよかった。
けんちゃんがすごく優しい表情でニコニコしながら客席を眺めてたのが嬉しかったなあ。

CHASE
前日と同じく、ネオユニのラストからの4つ打ちのリズムがだんだん早くなってCHASEのイントロになり、callingの文字がスクリーンいっぱいにばーんと映る。
前日も見てるはずなのにその演出が本当にかっこよくてまた鳥肌が立った。
曲の始まりはスモークがたかれ、ステージ上にはメンバーのシルエットだけが見える。
その中でhydeさんがすっと手を高く挙げたのがかっこよかった。
曲中の照明も秀逸で、DRINK IT DOWNに替わる見せ場になるのかなぁ、と。
この日も細部を舐め回し~♪ではスクリーンにアップに映るhydeさんがカメラを睨みつけながら指をペロっと舐める。
そして隙間を突き刺す~♪でカメラを指さしてサビへ。
これが本当に本当にかっこよくて!
ラストはがっちゅー!に合わせて右手を後ろに引いて前に突き出した左手をぎゅっと握る。

XXX
この曲もイントロの間はスモークがたかれて、メンバーのシルエットが浮かぶ。
そしてメロに入る瞬間、紫の照明に照らされるメンバー。
最初のstep into~♪で手を顔の横にかざして歌うhydeさんが美しくて美しくて!
最後のキスなのね~♪で目を閉じる姿なんてもう形容詞が見つからないくらいの美しさ。
ラストのstep into~♪はそれまでの切ない表情とは違ってカメラを睨みつけながら歌って、そのままラストのkiss♪でこちらに視線を投げる姿にハッと息を呑む。
ラストで斜めから紫の照明に照らされるhydeさんの人外の美しさにただ息を呑むことしかできない。
ちなみにXXX時のてっちゃんの異常なかっこよさについては初日分で触れたので割愛(笑)

Link
(*∂∀6)<ヘイ、ジャンプジャーンプ!
アリーナに巨大風船が持ち込まれて、ドキッ☆ラルヲタだらけの耐久戦~終盤で限界寸前の腕を苛め抜け☆~もといLink。
前日にhydeさんも言ってたけどこれ本当に辛いんだよ…。
終盤でやるからもう手上がらないんだよ…。
でもhydeさんも一緒に小さく手拍子してたりジャンプジャーンプって言われたりしたらやるしかないじゃないか!
ということで飛び続けるラルヲタが愛しい。
てっちゃんの可愛い可愛い両足ジャンプまで見せられたらそりゃあ飛びますよ!
Linkはメンバーも楽しそうだしすごく楽しいんだけど(キツいけど)、あぁもう終わりかぁって毎回切なくなる。
それ以上に楽しいんだけどね!(キツいけど)

t:『ふー!!!』
t:『わっしょいー!!!』
t:『わっしょいー!!!』
t:『わっしょいー!!!』
t:『おげーんきー?』
(おげんきー!!)
t:『おげーんきー?』
(おげんきー!!)
t:『ニホンノミナサン!』
t:『おげんきー?』
(おげんきー!!)
t:『たまごー』
t:『オレの!バナナが!食べたいかー!!!』
t:『それとも~オレの!ロリポップが!舐めたいかー!!!』
t:『ナイスキャッチ!』
t:『元気あんのかー!』
t:『続きあるけど、聴きたい?』
t:『まだ曲の途中ってごぞーんじー?』
(ごそんじー!)
t:『ごぞーんじー?』
(ごぞんじー!)
t:『続きいくでー!!!』
t:『いくでー!!!』

相変わらず内容皆無なてつやMC。
前はちゃんと喋ってたよね?ね?(不安)

(*∂∀6)<国立!ラストスパート!
(*∂∀6)<いっちゃって!出しちゃって!
(*∂∀6)<いっちゃえいっちゃえー!

h:『今日は気持ちがいいよね』
h:『最後の最後でこんな素敵なところでやれてラッキーだなと思います』
h:『こっからの眺めがすごいよくって』
h:『てっぺんで火燃えてるし、すごくいい感じですわ』
h:『20周年どころかまもなく21周年なんですけど』
h:『長続きしててすみません(笑)』
h:『あと3日ですよ』
h:『ありがとうございます』
h:『ありがとう』
h:『20年前は何してたんでしょうかと考えましたけど』
h:『ちょうど東京に出た頃ですね』
t:『そうなの?』
h:『ビデオをロフトで撒いたりとか…』
t:『無料配布ね』
h:『無料配布し終わって、最初のギターが抜けようとするくらい?』
t:『じゃあけんちゃんはもうスタンバってる感じやな?』
h:『多分その頃はなんにも考えずにね、大学行ってたと思います』
h:『もうすぐね、天変地異が(笑)』
h:『すごいもんやなぁ』
h:『こう20年経ってワールドツアーとかやってみて、自分たちにとっても歴史に刻まれたような1年だったなぁと思いますね』
h:『ラルクらしくてラルクにしかできないようなことをやれて、すごくラッキーだなと思います』
h:『ありがとう』
h:『世界中回ってて、人種も違うし宗教も違うんですけど、みんな表情が一緒なんですよね』
h:『すごい笑顔で、喜んで泣いてる子もいるし』
h:『今日のみんなと一緒なんですけど、それが自分の中ですごく印象に残ってて』
h:『すごい苦労して準備したと思うけど、すごく心に届いたツアーができたなぁと思います』
h:『どの場所でもすごくいいライブだったんでね』
h:『きっと世界中のファンのみんなの心に残るライブができたんじゃないかなと思ってます』
h:『これからまだ続くと思うんで、これからもラルクアンシエルを応援して下さい』
h:『次回はまだ未定なんですけど、また遊ぼうぜ!』
h:『ありがとう』
h:『じゃあ最後に虹、聴いて下さい』


まさに、渾身の虹。
言葉にできないくらい壮大で、神々しいとも言える演奏。
想いを込めたhydeさんの歌声が夜空に高く高く広がっていくようで、胸がいっぱいになって涙が止まらなかった。
曲の終わりと同時に虹色の花火と虹色の風船が上がる。
ナタリーさんによると5万個の風船と1000発の花火だったらしい。
アリーナから見たこの景色が本当に本当に綺麗で、一生忘れられないと思う。
キラキラと輝くステージにメンバーの笑顔があって、虹色の風船が夜空を彩る。
ラルクが見せてくれた最高に美しい景色。
絶対に忘れないと思う。

h:『どうもありがとう!』
h:『また帰ってくるから遊んでな!』
h:『いい子で待ってろよ!』
h:『ありがとう!』

ラストはてっちゃんのバナナタイム!
と思いきや、ゆっきーも残ってる!
ゆっきーは左右の花道をゆっくり歩いて、水を半分空けてからペットボトルを投げたり両手でピースしながらくるくる回ったり。
てっちゃんは下手でニコニコしながらバナナをぽいぽい。
ゆっきーが下手に来るの待ってるのかな?
ゆっきーがくるくる回りながら下手まで歩いてきたら、てっちゃんはゆっきーにバナナを手渡し。
そのバナナをアンダースローでぽーんと投げてからゆっきーはセンターへ。
ドラム台にぴょんと飛び乗って、深く深くお辞儀をするゆっきー。
ゆっきーはいつも僕は20年じゃないんで…みたいなことを言っていたから、こうやって20周年最後の舞台で楽しそうな姿を見せてくれたのが本当に嬉しかった。
最後の深いお辞儀にはいろんな想いが込められていたんだろうなあ。
てっちゃんはその後もゆっくりゆっくり時間をかけて上手から下手までバナナと飴を投げる。
そして最後は『ありがとうございました!これからもラルクアンシエルをよろしくね!まったねー!』

何を言われるかヒヤヒヤしてた告知タイム。
活動休止の噂も流れてたし、ほとんど諦めていたけれど、表示されたのはWOWOWの放送とNEXT WORLD TOUR!!!!
開催の時期とか具体的なことは全く教えてくれなかったけど、次の約束があるということがただただ嬉しくて肩の力が抜けた。
いつになるかは分からないけど、ラルクはまた私たちの前に帰ってきてくれる。
ラルクがまた素敵な景色を見せてくれる未来が約束された瞬間。
ラルクはこうしていつだって希望を与えてくれるんだよね。
やっぱりすごい。この人たちは本当にすごい。

国立2日目、凱旋公演最終日。
ラルクを好きでよかったと心から思えた素敵な素敵なライブでした。
次の機会まで前を向いて生きていく力を与えてくれるようなライブ。
また夢を見せてくれるのを信じて待ってるから、できるだけ早く帰ってきてね。
おかえりなさい、を言う準備はいつだってできてるから。
ラルクに出会えてよかった、ラルクを好きになれてよかった、と20th L’Anniversaryを終えた今、心から思います。
ずっとずっと大好き。ありがとう。





スポンサーサイト

わぁ~…
細かいレポありがとうございます !
国立2日目、鮮明に蘇ります。
最前とはいえ、スタンドだったので細かい仕草なども知れて嬉しいです☆
ありがとうございましたm(_ _)m
非公開コメント

  


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【0527 L'Arc〜en〜Ciel】

2012.05.27 L'Arc〜en〜Ciel WORLD TOUR 国立競技場01. READY STEADY GO02. GOOD LUCK MY WAY03. REVELATI
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。